ニュース
» 2022年11月15日 10時30分 公開

GitHubがクラウドホスト型開発環境「Codespaces」を月60時間まで無料提供、できることは?GPU利用可のCodespaces限定β版など多くの新機能も

GitHubは、「GitHub Free」および「GitHub Pro」プランの全ユーザー向けにクラウドホスト型開発環境「GitHub Codespaces」の一般提供を開始すると発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 GitHubは2022年11月10日(米国時間)、「GitHub Free」および「GitHub Pro」プランの全ユーザー向けにクラウドホスト型開発環境「GitHub Codespaces」の一般提供を開始すると発表した。Codespacesは2021年から、「GitHub Enterprise」と「GitHub Team」プランの顧客向けに提供されていた。

 GitHubがホストする仮想マシン(VM)でCodespacesの開発環境を提供する。開発者はセットアップを気にすることなく、プレビルドされたイメージを使って、あらゆる規模のプロジェクトの新規開発環境を10秒以内でスピンアップできる。クラウドVMは32コア、64GB RAMまで拡張可能だ。

 また、GitHubは、全ての開発者が毎月60時間(Proプランユーザーは90時間)まで、Codespacesを無料で利用できるようにすることも明らかにした。さらに、Codespacesの次のようなさまざまなアップデートも発表した。

ツールの選択肢が拡大

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。