キンドリルジャパン、「Kyndryl Bridge」でミッションクリティカルな運用現場の変革を支援へ「自動改札機のようなITプロセス」を共創する

キンドリルジャパンは事業戦略記者説明会を開催し、新たに提供するデジタル統合プラットフォーム「Kyndryl Bridge」を紹介した。

» 2022年12月13日 10時00分 公開
[ANDG CO., LTD.]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IBMのマネージドインフラストラクチャサービス部門を分社化、継続したKyndryl(キンドリル)の日本法人であるキンドリルジャパンは2022年11月30日、事業戦略記者説明会を開催した。同社の代表取締役 社長 上坂貴志氏が今後の事業展開を説明し、執行役員 最高技術責任者 兼 最高情報セキュリティ責任者の澤橋松王氏が新たに提供を開始する「Kyndryl Bridge」を紹介した。

事業開始から1年で堅調な成長を遂げ、「社会成長の生命線」を担うキンドリル

 キンドリルジャパンは2021年9月に事業を開始し、1周年を迎えた。上坂氏は1年を振り返って「弊社が目指す姿である『社会成長の生命線』を軸にして進め、今後社会の基盤となっていくITインフラストラクチャ、システム運用サービスを皆さまとともに成長させていくことができた」と述べた。全体の売り上げ業績も2%の成長と堅調だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。