Amazon Redshiftに無償のデータローダーを提供、Informaticaの狙いとは最高製品責任者に聞いた

Informaticaが無償のデータ取り込みツールなど、複数の同社製品とAWSのデータ関連サービスとのインテグレーションを発表した。こうした発表の背景について、最高製品責任者のジテッシュ・ガイ氏に聞いた。

» 2022年12月16日 08時15分 公開
[三木泉@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)とInformaticaは2022年11月末、AWS re:Invent 2022で、データウェアハウスの「Amazon Redshift」からInformaticaのデータ取り込みツール「Informatica Data Loader」が統合的に使えるようになったことを発表した。

 Data Loaderは「3クリックでデータの取り込みができる」ことをうたうツール。さまざまなデータソースへのコネクターが用意され、エキスパートでなくてもデータ活用ができるという。RedshiftのメニューにData Loaderが組み込まれ、即座に利用できる。

 また、Informaticaは「Informatica INFAcore」というツールが「Amazon SageMaker Studio」をサポートしたことも発表した。INFAcoreは、機械学習のためのデータパイプライン構築ツールで、数千行のコードが必要な作業を単一の関数にまとめられるという。さまざまな機械学習用の統合開発基盤(IDE)のプラグインとして使えるもので、今回SagaMaker Studioから透過的に利用できるようになったという。

 さらに、Informaticaのデータマーケットプレース機能とAWSの「AWS Data Exchange」の統合的な利用ができるようになった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。