NECはなぜ今「web3コミュニティ」を開設するのかプライバシー保護とデータ活用の両立を目指す

NECは、「web3コミュニティ」を開設すると発表した。生体認証や秘密計算、ブロックチェーンなどの技術を活用して、プライバシー保護とデータ活用を両立させた安全な「Web3」(Web3.0)の実現に取り組むとしている。

» 2022年12月28日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NECは2022年12月27日、「web3コミュニティ」を開設し、共創パートナーとなる企業の募集を2023年4月に開始すると発表した。生体認証や秘密計算、ブロックチェーンなどの技術を活用し、プライバシー保護とデータ活用を両立させた安全な「Web3」(Web3.0)の実現に取り組むとしている。

画像 web3コミュニティのイメージ(提供:NEC)

「データプライバシーを保護しながらデータ活用を促進する」

 NECはweb3コミュニティを開設する背景を次のように述べている。

 「最近では現実の世界とバーチャルを融合させたバリューチェーンが構成されており、ヒトと企業や、企業と企業がさまざまなデータを基にデジタル上でつながろうとしている。web3コミュニティは、デジタル上のデータプライバシーを保護しながらヒトと企業や企業と企業の間のデータ活用を促進する。また、安全にデータを活用できる社会を構築することで、さまざまな社会課題を解決するサービスや事業を創出する」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。