AIが生成した文章を人間の文章と見分けるツール、ChatGPTも出したOpenAIが試験提供を開始現在のところ英語のテキストが主な対象

OpenAIが、AIの生成した文章を人間の書いた文章と識別するツールを公開した。ChatGPTと同様、ログインすれば誰でも無料で試せる。ただし、今回のツールの精度が低いことを同社は認めている。

» 2023年02月02日 12時02分 公開
[三木泉@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 OpenAIは2023年1月31日(米国時間)、AIによって生成された文章を見分けるツールの試験的な提供を開始した。ChatGPTと同様、登録してログインすれば誰でも無料で使えるようになっている。なお、このツールは命名されていない。

 「AIによって書かれた文章を全て、十分な信頼性をもって検出することは不可能だが、優れた分類器を使用すれば、AIが生成した文章を人間が書いたとする嘘の主張に対処するための情報を提供できる」(OpenAIのブログポストより、以下同)

 OpenAIは例として、自動化された情報操作、アカデミックな場での不正、AIチャットボットの人間としての偽装を挙げている。一方で、教育者の間でChatGPTに対する懸念が広がっていることに触れ、今回のような分類器には限界があるとして、ChatGPTに関する理解を広げるためのドキュメントを公開していると述べている。また教育者とのChatGPTに関する議論を続けていくという。

 今回の判定ツールは信頼性が十分ではないことを、同社は認めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。