ニュース
» 2023年02月07日 09時20分 公開

Oracleクラウド上でRed HatのLinuxを共同サポート、Oracleは幅広い選択肢とコスト効率をアピールまず仮想マシン、BYOLでスタート

OracleとRed Hatが、OCI上でのRHELの動作を共同でサポートする取り組みを開始した。現時点では仮想マシンとして使えるが、今後はベアメタルサーバでの利用に対応する。Oracleは、Red Hatを信頼するユーザーの取り込みを図る。

[三木泉@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 米Oracleは2023年1月31日(米国時間)、同社のクラウドサービス「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」で、Red Hatの「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」のサポートを開始したことを発表した。これについて、日本オラクルが2月2日に説明した。

 具体的には、OCI上の仮想マシンとしてのRHELの稼働を両社が共同でサポートする。サポートマトリックスは下図の通り。当初はIntel、AMD、Armの最新プロセッサを搭載したサーバの仮想マシンに対応する。今後はベアメタルサーバの対応も図るという。

当初サポートするOCIの仮想マシンシェイプとRHELバージョンのマトリックス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。