【 New-MgDirectoryAdministrativeUnitMemberByRef 】コマンドレット――Azure Active Directoryの「管理単位」にユーザーを追加するWindows PowerShell基本Tips(68)

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「New-MgDirectoryAdministrativeUnitMemberByRef」コマンドレットを解説します。

» 2023年04月21日 05時00分 公開
[国井傑株式会社エストディアン]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、「Azure Active Directory」(Azure AD)に作成された「管理単位」(以下、Azure AD管理単位)に所属するユーザーを追加する「New-MgDirectoryAdministrativeUnitMemberByRef」コマンドレットです。

New-MgDirectoryAdministrativeUnitMemberByRefコマンドレットとは?

 「New-MgDirectoryAdministrativeUnitMemberByRef」は、PowerShellを利用してAzure AD管理単位に所属させたいユーザーを追加するためのコマンドレットです。Azure AD管理単位はActive Directory(AD)の「組織単位(OU)」に相当する“入れ物”ですが、ADのOUようにGUIの管理ツール上で複数のユーザーをドラッグ&ドロップでまとめて追加するようなことはできません。そのため、管理単位に複数ユーザーをまとめて追加する場合は、New-MgDirectoryAdministrativeUnitMemberByRefコマンドレットを使って処理を自動化します。

 なお、New-MgDirectoryAdministrativeUnitMemberByRefコマンドレットは、本連載第45回で解説した「Connect-MgGraph」コマンドレットで「Connect-MgGraph -Scopes "AdministrativeUnit.ReadWrite.All"」と実行して、Azure ADへの接続とアクセス許可を与えておくことが前提条件になります。

New-MgDirectoryAdministrativeUnitMemberByRefコマンドレットの書式

New-MgDirectoryAdministrativeUnitMemberByRef [オプション]


New-MgDirectoryAdministrativeUnitMemberByRefコマンドレットの主なオプション

オプション 意味
-AdministrativeUnitId ユーザーを追加する管理単位のIDを指定する
-BodyParameter 管理単位に追加するユーザーを指定する

管理単位のIDを調べる

 New-MgDirectoryAdministrativeUnitMemberByRefコマンドレットを使用して管理単位にユーザーを追加する場合、事前に操作する「管理単位のID」を知る必要があります。管理単位のIDは、「Get-MgDirectoryAdministrativeUnit」コマンドレットで確認します(画面1)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。