WebAssemblyでBashやCurlが動く、業界標準APIを拡張した「WASIX」を発表 WasmerWASIを拡張、POSIXに対応

Wasmerは、業界標準のAPI仕様である「WASI」を拡張してPOSIXに対応した新技術「WASIX」を発表した。WASIXを利用すれば、コードを修正することなく、既存アプリケーションをWebAssemblyで実行できる。

» 2023年06月19日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 WebAssembly(Wasm)ランタイムを開発するWasmerは2023年5月30日(米国時間)、「WASI」(WebAssembly System Interface)を拡張してPOSIX(Portable Operating System Interface)に対応した「WASIX」を発表した。

 WASIXは、WebAssemblyでネットワークやファイル、メモリなどのシステムリソースを抽象化するAPI仕様であるWASIを拡張したものだ。Wasmerは発表の中で、以下のように述べている。

 「2019年に発表されたWASIは、Wasmコミュニティーにとって大きな後押しとなったが、改善のペースの遅さが普及を妨げてきた。WASIXはWASIの提案を拡張し、POSIXとの完全な互換性を持つことで、有用で生産的なアプリケーションを構築できる」

WASIXとは一体何なのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。