「GPT-4」は結局、アプリケーション開発にどう役立つのかITエンジニアの働き方は変わる?

OpenAIが開発したChatGPTの進化が進む中、一部では「IT業界の未来」と指摘する人もいる。次世代の大規模言語モデルである「GPT-4」はアプリケーション開発、ITエンジニアの働き方をどう変えるのか。

» 2023年07月27日 10時30分 公開
[Paul NashawatyTechTarget]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ChatGPTは、OpenAIが開発した「GPT」(Generative Pre-trained Transformer)モデルに基づく対話型アプリケーションだ。GPTを「IT業界の未来」と指摘する人もいる。

 ChatGPTで採用されている大規模言語モデル(LLM)の「GPT-3」は、物語、記事、ソースコードなどを自動生成する能力を業界に知らしめた。そして次世代のモデルとされる「GPT-4」は、人間からの返信とほとんど見分けがつけられないレベルで進化しており、急速に進化を続けているAI(人工知能)分野を象徴する存在となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。