ニュース
» 2023年07月28日 08時00分 公開

「専門家が多いほどセキュアになる」は間違い ガートナーが「セキュリティで陥る4つの先入観」を解説ポイントは「最小の労力で最大の効果を」

ガートナージャパンは、セキュリティに関して払拭すべき4つの「先入観」と実行すべきアクションを発表した。必要なのは「最小の労力で最大の効果をもたらすというマインドセットだ」としている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナージャパンは2023年7月26日、セキュリティに関して払拭(ふっしょく)すべき「4つの先入観」と実行すべきアクションを発表した。同社はセキュリティは企業にとって重要な取り組みだが「労力に見合った効果が得られていないケースがある」と指摘している。

画像 プレスリリース

陥りがちな4つの先入観

 Gartnerのジェイ・ハイザー氏(バイスプレジデントアナリスト)は「セキュリティのリーダーに必要なのは、先入観に紛らわせられず、最小の労力で最大の効果をもたらすというマインドセットだ。ROI(投資利益率)に基づく戦略的なアプローチを取ることで、セキュリティは真の価値を発揮する」と述べている。

 ガートナージャパンでは、労力に見合う効果を得るために注意したい「4つの先入観」を挙げている。

リスク分析の回数を増やせば、それだけセキュアになる?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。