ニュース
» 2023年08月21日 08時00分 公開

Google、量子耐性を持つ「FIDO2セキュリティキー」の実装を発表オープンソースのセキュリティキーファームウェア「OpenSK」の一部として公開

Googleは、オープンソースのセキュリティキーファームウェア「OpenSK」の一部として、耐量子FIDO2セキュリティキーの実装をリリースしたと発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2023年8月15日(米国時間)、オープンソースで開発しているセキュリティキーファームウェア「OpenSK」の一部として、耐量子FIDO2セキュリティキーの実装をリリースしたと発表した。Googleは、耐量子暗号の導入に向けた取り組みの一環としている。

 オープンソースハードウェアに最適化されたこの実装は、新しいECC/Dilithiumハイブリッド署名スキーマを採用している。この署名スキーマは、標準的な攻撃に対するECC(Elliptic Curve Cryptography:楕円曲線暗号)の安全性と、量子攻撃に対するDilithiumの耐性を併せ持っており、チューリッヒ工科大学と共同で開発された。署名スキーマに関する論文は、ACNSセキュア暗号実装ワークショップの最優秀論文賞を受賞した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。