IBM、ポスト量子時代に備えるエンドツーエンドのQuantum-Safe(耐量子)テクノロジーを発表政府、大企業の重要機密を保護

IBMはエンドツーエンドのQuantum-Safe(耐量子)テクノロジーを発表した。包括的なツールと機能、ポスト量子時代の脅威に備えて機密データを耐量子テクノロジーへ移行するための戦略の指針となるロードマップも公開した。

» 2023年05月25日 10時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IBMは2023年5月10日(米国時間)、同社の年次カンファレンスで、政府や企業の機密データを保護するためのエンドツーエンドQuantum-Safe(耐量子)テクノロジーを発表した。Quantum-Safeテクノロジーに関する包括的なツールと機能を提示しており、政府や大企業が耐量子テクノロジー時代に向けて移行を準備する際に役立つという。

 急速に進歩する量子技術は、ビジネスや科学の進化を加速させる反面、現在広く利用されているセキュリティプロトコルも量子コンピュータで解読される可能性が高まっている。

 IBMはこれまで培ってきた暗号化、量子コンピューティング、重要インフラストラクチャなどの広範な技術を踏まえ、IBM Quantum Safeテクノロジーを発表した。Quantum Safeテクノロジーの主要機能は次の通り。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。