連載
» 2023年10月19日 05時00分 公開

オープンソースのDBとかNewSQLのこと、どう思う? Oracle ACEの渡部氏が気になるポイントとは福岡から世界へ! サポートエンジニアの経験を通じて「Oracle ACE」になるまで

「クラウドネイティブ」という言葉がなじんだ今、市場に登場した新たなデータベースやデータベースを支えるプラットフォームにまつわる情報を紹介していきます。今回は、Oracle ACEとして活躍するコーソルの渡部亮太氏に、これまでのキャリアや、NewSQLなど、最近注目のデータベース技術について話を伺いました。

[小林隆浩@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 「クラウドネイティブ」という言葉がなじんだ今、市場に登場した新たなデータベースやデータベースを支えるプラットフォームにまつわる情報を紹介していきます。前回はPostgreSQLの発展に貢献し続けているEDBのインタビューをお届けしました。新しい形のリレーショナルデータベース(RDB)の利用について、さまざまな示唆が得られたのではないかと思います。

 さて、今回は長年「Oracle ACE」として活躍するコーソルの渡部亮太氏にお話を伺いました。これまでのキャリアや働き方、最新のデータベース技術に関する思いなどをお届けします。今回は、コーソルの福岡オフィスに伺ってインタビューしました。

「DBエンジニア」への道のり、きっかけは、コミュニティーとのつながり

福岡オフィスでの渡部氏 福岡オフィスでの渡部氏

小林 まず、渡部さんが現在担当されている仕事内容を教えてください。

渡部 私は以下のような事業を展開する、コーソルという会社に所属しています。

  • Oracle製品のサポート業務
  • 「Oracle Exadata Database Machine」を中心とした基幹系データベースの運用支援業務
  • クラウドを含めたデータベース導入、データベース移行などのプロフェッショナルサービスおよびコンサルティング業務
  • データベースに関連するソフトウェア製品の販売

 自身の業務としては、データベースに関連するソフトウェア販売に関わっており、製品検証や販売促進をしています。コーソルではサポート業務および運用支援業務で24時間365日対応が求められるため、東京/福岡/カナダの3拠点体制を取っています。私は福岡の拠点で働いています。

小林 渡部さんのこれまでのキャリアも聞かせてください。Oracle ACE Proとしてグローバルでも有数のデータベーススペシャリストとしてご活躍ですが、過去にはどのようなお仕事をされていましたか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。