一見それほど変わらないように思えるKotlinとScala、どう使い分けるべき?関数型か、オブジェクト指向か

ScalaとKotlinはどちらも、汎用プログラミング言語として多くの機能を提供する。とはいえ、ユースケースも同じというわけではない。

» 2023年11月16日 08時00分 公開
[Chris TozziTechTarget]

 「Kotlin」と「Scala」は、一見、それほど変わらないように思えるかもしれない。どちらもオープンソースの静的に型指定する汎用(はんよう)プログラミング言語で、「Java」コミュニティーに対応している。事実、両言語をJavaの改良版と見なす開発者もいる。

 本稿では、開発者が自身のプログラミングのニーズにKotlinとScalaのどちらが適合するかを把握できるように、両言語の類似点と相違点を調べる。

 恐らく、KotlinとScalaの最も重要な違いは、ScalaがJavaと同様にオブジェクト指向言語であることだ。

 技術的には、Scalaは関数を作成できるため、関数型プログラミングに使用できる。ただし、Scalaでは全ての値が個別のオブジェクトとして扱われるため、本質的には関数型プログラミングよりもオブジェクト指向プログラミングに適している。

 一方、Kotlinはハイブリッド型言語と表現されることが多く、関数型とオブジェクト指向の両アプローチに等しく対応しようとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。