調査で分かった「一度書けばどこでも実行できる」WebAssemblyの魅力最もよく使われる言語は3年連続でRust

ソフトウェアコンサルティング会社のScott Logicは、「WebAssembly」の使用状況に関する調査レポート「The State of WebAssembly 2023」を発表した。この調査は2021年から毎年実施されており、今回で3回目となる。

» 2023年11月17日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ソフトウェアコンサルティング会社のScott Logicは、2023年10月28日(米国時間)、「WebAssembly」の使用状況に関する調査レポート「The State of WebAssembly 2023」を発表した。この調査は2021年から毎年実施されており、今回で3回目となる。本記事では調査結果の概要を紹介する。

 調査ではまず、WebAssemblyを利用するアプリケーションを開発するときにどの言語を使用するか、または使用しようとしたことがあるかを聞いた。

(提供:Scott Logic)

 最もよく使われる言語は、3年連続でRustだった。JavaScriptは2番目に使われている。「WebAssemblyにコンパイルできないことを考えると、これは注目に値する」(Scott Logic)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。