ニュース
» 2023年11月30日 08時00分 公開

「AIへの対応はCIOの最優先課題」Gartnerが指摘「AIの活用方針とAI対応シナリオを策定する必要がある」

Gartnerは、生成AIについて「AIへの対応はCIOの最優先課題であり、AIの活用方針とAI対応シナリオを策定する必要がある」と指摘した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Gartnerは2023年11月6日(現地時間)、同社が開催したイベントで行った生成AI(人工知能)関する発表内容を公開した。イベントで登壇した特別バイスプレジデントアナリストのメアリー・メサリオ氏は生成AIについて「生成AIは単なるテクノロジーでも、単なるビジネストレンドでもない。人間とマシンがどのように相互作用するかにおける重大なシフトだ」と語った。

 同社のシニアディレクターアナリストであるガブリエラ・ヴォーゲル氏は「マシンは私たちのツールからチームメイトへ進化している」と述べる。

 「Gartnerは、2025年までに生成AIが世界の90%の企業の労働力パートナーになると予測している」(ヴォーゲル氏)

 ヴォーゲル氏は、「CIO(最高情報責任者)がAIをどのように形づくるか、そしてAIがわれわれをどのように形づくるかについて、大きな役割を担っている」と付け加える。AIの可能性を解き放つためには、「AIの活用方針を定める」ことと「AIに備える」ことの2点を優先する必要があるという。

AIの活用方針を定める

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。