ニュース
» 2023年12月28日 11時00分 公開

2023年に各言語で最も利用されていたオープンソースライセンス OSIが発表ライセンスがないコンポーネントも確認される

オープンソース推進団体のOpen Source Initiativeはオープンソースライセンス利用動向の調査結果を発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 オープンソース推進団体のOpen Source Initiative(OSI)は2023年12月7日(米国時間)、オープンソースライセンス利用動向の調査結果を発表した。同調査は、ソフトウェアコンポーネントの配布元やライセンスに関するメタデータを収集、提供する共同プロジェクト「ClearlyDefined」に基づくものだ。

 調査によると、ソフトウェアコンポーネントの多くがライセンスなしで共有、使用もされていたことが明らかになったとしている。

各言語におけるライセンスの割合

JavaScript(npm)

 JavaScriptのnpmパッケージマネジャーで最も使用されているライセンスは「MIT License」(53%)だった。「Apache License 2.0」が14.76%、ISCライセンスが10.48%だった。「ライセンスなし」は8%で限定的だった。

npmにおけるライセンス使用動向(提供:OSI) npmにおけるライセンス使用状況(提供:OSI)

.NET(Nuget)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。