ニュース
» 2024年01月09日 08時00分 公開

当たり前過ぎて忘れていない? アクトが提言する「年始に気を付けたいセキュリティ対策」管理者、一般従業員の双方で徹底した対策が必要

アクトは、年末年始の休暇明けにとるべきサイバーセキュリティ対策について提言した。徹底すべき対策として、システム管理者には修正プログラムや定義ファイルの更新など、ユーザーには不審なメールやURLへの注意を挙げた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アクトは2024年1月5日、年末年始の休暇明けにとるべきサイバーセキュリティ対策について提言した。年末年始の休暇中は、対応できる社員がいないなどの理由からセキュリティ対策がおろそかになりがちで、不正アクセスやウイルス感染のリスクが高まる。そのため、「管理者、ユーザー(一般従業員)の双方で徹底した対策が必要だ」としている。

画像 プレスリリース

 アクトが提言する、年末年始の休暇明けに実施すべき具体的なセキュリティ対策は以下の3つ。

修正プログラムの適用

 OSやソフトウェアには脆弱(ぜいじゃく)性が潜んでいる可能性がある。脆弱性の悪用を防ぐためには、パッチなどの修正プログラムを適用するのが有効だが、そうした修正プログラムは長期休暇中に公開されることもある。そのため「休暇明けはまず、修正プログラムの有無を確認し、必要に応じて適用すべきだ」とアクトは指摘している。

定義ファイルの更新

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。