LLMスタックのセキュリティを確保するには? Ciscoが解説AIモデルの運用に不可欠

LLMスタックの保護は、データの保護、ユーザーの信頼、AIモデルの運用の完全性などを保証するために不可欠だ。本記事では、AIシステムの安全性を確保する方法を学ぶことの重要性について、LLM実装とLLMスタックに焦点を当てながら紹介する。

» 2024年04月17日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Cisco Systemsは2024年3月26日(米国時間)、公式ブログでLLM(大規模言語モデル)スタックの保護について解説した。Ciscoによると、LLMスタックの保護は、データを保護しユーザーの信頼を維持するだけでなく、AI(人工知能)モデルの運用における完全性、信頼性、倫理的な使用を保証するためにも不可欠なものだという。本記事では、LLMスタックを保護することで得られる、AIシステムの安全性確保やLLM実装、LLMスタックについて、Cisco Systemsがブログで解説した内容を紹介する。

LLMスタックとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。