TypeScriptとJavaScriptの違いとは? いまさら聞けない両者の“深い関係”TechTargetジャパンエンジニア読本集

「JavaScript」と「TypeScript」は、Webアプリケーション開発に欠かせないコンピュータ言語だ。それぞれの特徴をあらためて整理し、両者の関係や違いを明らかにする。

» 2024年07月11日 10時00分 公開
[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 スクリプト(簡易プログラム)言語の「JavaScript」は、Webアプリケーションのフロントエンド(エンドユーザーの目に見える部分)からバックエンド(エンドユーザーの目に見えない部分)まで、さまざまな分野の開発を支えている。同様に活躍しているのが、Microsoftが開発を主導するオープンソースのプログラミング言語「TypeScript」だ。

 JavaScriptとTypeScriptは名前が似ているだけではなく、互いに関係がある。ただしTypeScriptをJavaScriptの「代替言語」や「後継言語」と表現するのは適切ではないし、「JavaScriptを捨ててTypeScriptだけを使えばよい」という主張も正しくない。JavaScriptとTypeScriptの間にはどのような関係があり、どのような違いがあるのか。IT製品/サービスの導入・購買支援サイト「TechTargetジャパン」の記事をまとめた本資料は、こうした問いに対する答えを探る。


ALT ダウンロードはこちら

中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます(TechTargetジャパンサービス利用登録)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。