連載
» 2011年04月14日 00時00分 公開

第12回 3DグラフィックスをサポートするHyper-VのRemoteFXWindows Server 2008 R2の真価(3/3 ページ)

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]
前のページへ 1|2|3       

 RDP 7.1をサポートしたシン・クライアントとしては、マイクロソフトでは「Windows Thin PC(WinTPC)」と呼ばれるシン・クライアント・ソフトウェアの提供を予定している。これは、ソフトウェア・アシュアランス(SA)で現在(特典として)提供している「Windows Fundamentals for Legacy PCs(WinFLP)」の後継となるソフトウェアであり、原稿執筆時点ではCTP(Community Technology Program)リリース段階である。WinTPCのプレビュー版はMicrosoft Connectから入手できる(要登録)。

 WinTPCを簡単に言えば、VDIデスクトップに接続するためのシン・クライアント・ソフトウェアであり、VDIにアクセスするためのライセンス(VDAライセンス)が不要な軽量なシステムである。機能的にはWindows 7のサブセットの組み込みソフトウェアであるが、要求されるハードウェアはWindows 7よりもはるかに低スペックで構わない。必要な要件は次の通りである。

  • 1GHz以上のx86かx64 CPU
  • 1Gbytes以上のメモリ
  • 16Gbytes以上のディスク
  • DirectX 9/WDDM 1.0以降をサポートしたグラフィックス・カード
  • DVD-ROMドライブ

 実際にインストールした画面を次に示す。見た目は通常のWindows 7そのものである(現状では英語版しかない)。古いPCにこれをインストールしてRemoteFXクライアントとして利用すれば、安価にVDIシステムを構築できるだろう。

Windows Thin PCの画面例
これは2011年3月に公開されたCTP版のWindows Thin PCから、リモート・デスクトップでRemoteFXを有効にした仮想マシンにアクセスしているところ。古いPCなどをシン・クライアントとして活用できる。Windows Thin PCはソフトウェア・アシュアランスでのみ提供予定。

「」のインデックス

Windows Server 2008 R2の真価 ―― 実質新世代サーバOSの真の実力を知る ――

前のページへ 1|2|3       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。