連載
» 2012年06月11日 00時00分 公開

定石を知りスキルを上げるスマートな紳士のためのシェルスクリプト(5)(2/2 ページ)

[後藤大地,オングス]
前のページへ 1|2       

リダイレクトとパイプ

 次の書き方もなかなかおもしろい。ファイル$IFACEDIR/$1の内容を1行ごとに変数lineに読み込ませて処理をするという記述になっている。

    while read line; do
            [ -n "$line" ] && echo "$line"
    done < "$IFACEDIR/$1"

 この処理は、次のように記述することもできる。

    cat "$IFACEDIR/$1" |
    while read line; do
            [ -n "$line" ] && echo "$line"
    done

 処理速度の観点からいうと、リダイレクトを使った処理の方が処理が高速になる。これは次のような簡単なシェルスクリプトで比較できる。

    #!/bin/sh
 
    while read line
    do
            sleep 10
            exit    
    done 
    #!/bin/sh
 
    cat /COPYRIGHT |
    while read line
    do
            sleep 10
            exit    
    done

 リダイレクトを使う場合、処理はそのシェルの中で完結することになる。リダイレクトのシェルスクリプトを実行しても、そのシェルのみが動作していることを確認できる。

    % ps d | grep while | grep -v grep
    25687  6  S+      0:00.00 - /bin/sh ./while-test1.sh
    % 

 パイプで接続した場合、シェルはサブシェルを生成し、その中で処理を実施する。パイプは便利な機能だが、このようにサブシェルを生成して処理を実施するため、その分処理は遅くなる。

    % ps d | grep while | grep -v grep
    25680  6  S+      0:00.01 - /bin/sh ./while-test2.sh
    25682  6  S+      0:00.00 `-- /bin/sh ./while-test2.sh
    % 

 リダイレクトのみで済むようなケースでは、パイプで流し込まずにリダイレクトリで処理した方が高速になるということは覚えておきたい。

IPアドレスとcase

 次の書き方はcaseの使い方として珍しいものではないが、指定されている文字列がIPアドレスになっているところが目を引く。

    case "$n" in
    127.*|0.0.0.0|255.255.255.255|::1) :;;
    *) newns="$newns${newns:+ }$n";;
    esac

 ネットワーク関係の処理では、このようにIPアドレスをcase分の分岐対象に指定するものがあり、こういった書き方をよく見かける。

文字列の加工とバックスラッシュクォート

 sh(ash)では変数展開時に、文字列の先頭または末尾からパターンに一致する文字列を取り除くことができる。#および##が先頭からの削除、%および%%が末尾からの削除となる。#と%が最短一致で、##と%%が最長一致となる。

 resolvconf(8)では次のように#が使われている。

    iface="${line#\# resolv.conf from *}"

 これは、コメントとして「# resolv.conf from 」が使われている部分を削除するという記述になる。シェルスクリプトでは、#はコメントの始まりとして使われるため、変数における#の後に、\#のようにエスケープ表現を使っている点が注目ポイントとなる。

標準入力を変数へ

 resolvconf(8)には次の記述も見られる。あまり見かけない書き方だ。

    resolv="$(cat)"

 これは標準入力を丸ごと変数に代入するという処理になる。対象とするデータサイズが小さいものに限られており、文字列のみで構成されている場合などは、こうした使い方もできる。

著者プロフィール

後藤 大地

オングス代表取締役。@ITへの寄稿、MYCOMジャーナルにおけるニュース執筆のほか、アプリケーション開発やシステム構築、『改訂第二版 FreeBSDビギナーズバイブル』『D言語パーフェクトガイド』『UNIX本格マスター 基礎編〜Linux&FreeBSDを使いこなすための第一歩〜』など著書多数。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。