特集
» 2013年03月26日 11時38分 公開

ASP.NET Webフォームの新機能特集:ASP.NET 4.5新機能概説(2)(3/5 ページ)

[花田善仁(監修:山田祥寛),WINGSプロジェクト]

●コントロールの値による絞り込み

 次に、コントロールから取得した値によるフィルタリングの例を紹介する。

 以下は、ドロップダウンリストから担当者を選択すると、その人が担当となっている注文リストを絞り込んで表示するページである。選択した人が担当した注文が1つもない場合に備えて、GridViewコントロールのEmptyDataTemplateプロパティに値を設定している。

<asp:Label ID="Label1" runat="server" AssociatedControlID="EmployeesList"
  Text="担当者を選択してください" />
<asp:DropDownList ID="EmployeesList" runat="server" AutoPostBack="True"
  SelectMethod="GetEmployees" AppendDataBoundItems="true"
  DataTextField="FullName" DataValueField="Employee_ID">
  <asp:ListItem Value="" Text="全員" />
</asp:DropDownList>

<asp:GridView ID="OrderGridView" runat="server" DataKeyNames="Order_ID"
  AllowPaging="true" AllowSorting="true" AutoGenerateColumns="false"
  ItemType="ASPDotNet4_5Part2.Order"
  SelectMethod="GetOrders">
  <Columns>
    <asp:BoundField DataField="Order_ID" HeaderText="ID" />
    <asp:TemplateField HeaderText="注文日" SortExpression="Order_Date">
      <ItemTemplate>
        <%# String.Format("{0:yyyy/M/d}", Item.Order_Date) %>
      </ItemTemplate>
    </asp:TemplateField>
    <asp:BoundField DataField="Customer.Company_Name" HeaderText="会社名" />
    <asp:TemplateField HeaderText="ID">
      <ItemTemplate>
        <a href="/Order?orderId=<%# Item.Order_ID %>"><%# Item.Order_ID %></a>
      </ItemTemplate>
    </asp:TemplateField>
  </Columns>
  <EmptyDataTemplate>
    担当した注文はありません
  </EmptyDataTemplate>
</asp:GridView>

リスト11 ドロップダウンリストによるフィルタリングを行うページの実装例(Charge.aspxファイル)

 DropDownListコントロールのDataTextFieldプロパティに、EmployeeオブジェクトのFullNameプロパティを指定しているが、これはFirst_NameとLast_Nameを連結して返すプロパティとして、Employeeクラスで以下のように実装している。

public partial class Employee
{
  ……省略……
  public string Last_Name { get; set; }
  public string First_Name { get; set; }
  public string FullName
  {
    get
    {
      return First_Name + " " + Last_Name;
    }
  }
  ……省略……

リスト12 EmployeeクラスのFullNameプロパティ(Employee.csファイル)

 コードビハインド側の実装は以下のようになる。まずドロップダウンリストに表示する項目を選択するために、データベースに登録されているEmployeeの一覧を返すようにGetEmployeesメソッドを実装している。

 GetOrdersメソッドでは、「ID=EmployeesList」であるコントロールから値が渡された場合に、その条件を使用してクエリを実行している。

public partial class Charge : System.Web.UI.Page
{
  NorthwindEntities db = new NorthwindEntities();

  // 担当者一覧を取得
  public IQueryable<Employee> GetEmployees()
  {
    return db.Employees;
  }

  // DropDownListコントロールから値を取得
  public IQueryable<Order> GetOrders(
    [Control("EmployeesList")] int? employeeId)
  {
    IQueryable<Order> query = db.Orders;
    if (employeeId.HasValue && employeeId > 0)
    {
      query = query.Where(o => o.Employee_ID == employeeId);
    }
    return query;
  }
}

リスト13 ドロップダウンリストによるフィルタリングを行うコードの実装例(Charge.aspxファイル)

 このサンプルを実行した画面は次のようになる。担当者を選択することで、GridViewコントロールに表示される注文リストが切り替わることが確認できる。

ドロップダウンリストによるフィルタリングの実行画面 ドロップダウンリストによるフィルタリングの実行画面

 モデル・バインディングでは、ポストバック後に値が変更されたかどうかを自動的に検知し、再度バインディングが行われ、値の再取得が行われる。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。