連載
» 2013年04月25日 18時00分 公開

“使用”より“構築”で学ぶオープンPaaS「OpenShift」DevOps時代のJavaプログラマのためのオープンクラウド入門(1)(3/5 ページ)

[小山博史,SSS(G)/ガリレオ]

LiveCDの起動

 LiveCDから起動すると、キーボードのレイアウトは英語となっていますから、日本語キーボードを使っている場合は、キーボードのレイアウトを設定しましょう。

 キーボードのレイアウトを設定するには、次のようにします。

 右上のメニューから[Live System User]→[System Settings]と指定し、[System Setting]の画面を表示します。

 [Keyboard]をクリックして、[Keyboard]の設定画面を表示し、[Layout Settings]をクリックします。

 表示された画面で、左下の[+]をクリックすると設定画面が表示されます。

 下のテキストフィールドへ「Japanese」と入力すると、候補が表示されます。

 候補から「Japanese」を選択して[Add]をクリックします。[Layouts]の画面が表示され「Japanese」が追加されます。「English」を選択して[-]をクリックして削除します。

 これで、OpenShift Origin のシステムを使えるようになりました。Terminal(端末)からコマンドを入力できます。LiveCDモードで起動すると、Live System Userで自動ログインできますし、このユーザーからsuコマンドを使ってrootアカウントにログインすることもできます。その際にパスワードは必要ありません。

仮想マシンへのインストール

 LiveCDをそのまま使うこともできますが、ゲスト仮想マシンの仮想ハードディスクへインストールをすると、よりいろいろなことを調査できます。起動されている端末をアクティブにして、次のように入力をします。

$ xhost +
$ su
# liveinst

 「liveinst」コマンドを入力すると、Fedoraのインストールウィザードが始まるので、指示に従ってインストールをします。rootのパスワードには「passmaster」と入力します。

 ディスクのパーティションについては、[Create Custom Layout]を選んで、以降のようにカスタマイズします。

 使用するディスクを選択して、「BIOS Boot」「/boot」「/」のパーティションを用意します。

  • [Create]→[Standard Partition]→[BIOS Boot]→1MB
  • [Create]→[Standard Partition]→[/boot]→[ext4]→500MB
  • [Create]→[LVM Physical Volume]→[Maximum allowable size]

 「/」については、[LVM Physical Volume]を選択して「LVM Volume Group」として作成した「vg」を選んで、「lv_root」というラベルを付けます。

  • [Create]→[LVM Volume Group]→[vg]
  • [Add]→[/]→[lv_root]

 ディスクのレイアウトを書き込むと警告が出ますが、気にせず先に進み、Confirmのダイアログで[Write Changes to Disk]を指定します。後は、そのままウィザードに従います。最後まで行ったら、再起動をします。再起動する際には、CDデバイスからLiveCDのISOディスクファイルを除去しておきます。

 マシンが再起動をすると、インストールの続きになります。[Date and Time]ではネットワークを使って時刻同期をするようにしておくと良いでしょう。

 ユーザーを追加する画面では、Shifterユーザーを下記のように登録します。管理者グループへ追加するのを忘れないようにしてください。

  • Full Name:Shifter
  • Username:shifter (Add to administrators group)
  • Password:shifter

 インストールが完了すると、shifterアカウントでOpenShift Originにログインできるようになります。

 なお、指示通りにパスワードを指定してあれば、suコマンドを使ってrootになる際のパスワードは「passmaster」、shifterでsudoコマンドを使う際のパスワードは「shifter」、rhcコマンドを使う際のパスワードは「admin」となります。

 ログインすると、端末とFirefoxが起動した状態になります。端末を使って、Ruby updatesとOpenShift live setupを無効にします。

$ sudo sed -i -e \
 '/gpgkey=/aexclude=ruby ruby-devel ruby-irb ruby-libs ruby-rdoc' \
  /etc/yum.repos.d/fedora-updates.repo
$ su
# chkconfig httpd on
# service httpd start
# chkconfig stickshift-broker on
# service stickshift-broker start
# chkconfig --del livesys
# chkconfig --del livesys-late
# chkconfig --del livesys-late-openshift
# exit

 shifterユーザーのホームディレクトリには「.openshift」ディレクトリがあり、その中に「express.conf」ファイルが用意されています。ファイルの内容を確認すると分かりますが、OpenShift Originのbrokerへアクセスするために必要な情報として、default_rhloginにログイン用アカウント、libra_serverに接続先のサーバが指定されています(コメントは省略しています)。

$ cat ~/.openshift/express.conf
default_rhlogin=admin
libra_server=localhost

 設定が終わったら、ここで再起動をしておきましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。