連載
» 2013年08月23日 18時00分 公開

空中ジェスチャ操作デバイスLeap MotionとはPC制御UIの最先端Leapアプリ開発入門(1)(3/3 ページ)

[蜜葉優,@IT]
前のページへ 1|2|3       

Leapの面白さを体感するためのアプリ6選

 実際にいくつかのアプリをインストールして、試してみたので、ご紹介します。

【1】Leapで遊ぶジェンガ「Block 54」

 「Block 54」はLeapで遊ぶジェンガです。親指と人差し指で積み木をつまんでいきます。Leapの指先検出とジェスチャを生かしたゲームであり、Leapでなければ実現できないアプリともいえるでしょう。

Block 54でブロックをつまみ出す

【2】iPhoneなどでおなじみのゲーム「Cut the Rope」

 「Cut the Rope」はiPhone/iPad/Android/Mac/PC/Windowsストアアプリとしても公開されているゲームです。Leapでは指先でフリックしてロープをカットします。

フリックでロープをカットする

【3】魚を操る癒し系アプリ「Flocking」

 「Flocking」では指先にライトが灯り、そのライトに誘われて魚群が回遊しているアプリです。きれいなパーティクルと滑らかな3Dアニメーションが楽しめます。

指先で光と魚群を操作する

【4】分子構造をジェスチャで操作するアプリ「Molecules」

 「Molecules」はDNAやカフェインなどの分子構造をジェスチャで操作するアプリです。手を開いて前に突き出すと拡大縮小、手を握ると操作をロックなど、さまざまなジェスチャを使って3Dモデルを操ります。NUIにおける医療現場の利用シーンが伺えます。

ジェスチャや手の距離で3Dオブジェクトを操作する

【5】ステージを回転させる対戦ゲーム「Shimsham」

 「Shimsham」はLeap1つで2人で遊ぶゲームです。画面を左右に2分割し、プレーヤーがそれぞれのステージを回転させて遊びます。自駒をターゲットに接触させることが目的となり、そのポイントを競います。

ステージを回転させる対戦ゲーム

【6】Leapの3D操作を生かせる「Google Earth」

 Leapは既存のアプリにプラグインとして組み込むことも可能です。Google Earthではプラグインとして、Leapをコントローラ化します。指先1つで世界中を巡ることができるでしょう。

Google Earthに組み込まれたLeapプラグインで操作する

ポインティングデバイスとして利用する

 筆者も早速アプリをLeapで操作できるようにしてみました。空間を撫でると、そこから絵が浮かび上がるアプリです。

 といっても、これはもともとマウスカーソルに対して反応するアプリで、マウスカーソルは「Touchless For Mac」を使ってLeapで操作しています。そのため、アプリが直接Leapとやりとりしているわけではありません。

 Touchless For MacはLeapで取得した点座標をマウスカーソルに変換し、指先をポインティングデバイスに変換するアプリです。もちろんWindows版もあります。

Touchless For Mac

 実は前述したCut the Ropeも同じ仕組みでできていて、マウスで遊べるようになっています。他にもジェスチャを利用せず、指先の点情報だけをうまく扱ったアプリが多数公開されています。

 次回はいよいよLeapアプリ開発に挑戦します! 初めの第一歩として、さまざまな言語やプラットフォームで指先の点情報を取得してみましょう。

著者プロフィール

蜜葉 優

蜜葉 優


1988年神戸生まれ。UIデザインからプログラミング、表現までやりたい、自称クリエイティブデザイナ


“さわってみたい”を創ることが目標。フィジカルコンピューティングなどの試作を行う傍ら、コミュニティ活動ではExpression Blendを中心としたセッションを行っている


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。