連載
» 2015年04月06日 05時00分 公開

vCloud Air上の仮想マシン環境構築の手順――「vCloud Airカタログ」による新規調達vCloud Air入門(3)(2/3 ページ)

[山本祥正,富士ソフト株式会社]

仮想マシン環境を構築してみよう

 vCloud Air利用時の留意点を確認したところで、さっそく「vCloud Airカタログ」を利用して仮想マシン環境を試してみましょう。手順は非常に簡単です。

今回構築する仮想マシン環境

 では、実際に仮想マシン環境の構築を行って、仮想マシンの作成方法やネットワークに関する簡単な設定を見ていきましょう。今回は図2の仮想マシン環境を構築します。

図2 本稿で設定する仮想マシン環境の概念図

 構築する環境は二つの仮想マシンと接続するネットワークの設定です。

 仮想マシン1(CentOS)はインターネットにアクセス可能なネットワークに接続します。仮想マシン2(Ubuntu)はインターネットにアクセスが不可能なクローズドネットワークに接続します。外部からは仮想マシン1を「踏み台」としてSSH接続し、そこから仮想マシン2に接続します。

 ここでは、手順を確認するために仮想マシン1をvCloud Airカタログのテンプレートを使って作成、仮想マシン2をvCloud Airカタログのテンプレートを使わずに作成していきます。

 作業は大きく分けると次の3ステップがあります。

【ステップ1 仮想マシン1の作成】 仮想マシン1をvCloud Airカタログを使って作成します。

【ステップ2 仮想マシン1のネットワーク接続】 仮想マシン1をインターネットに接続可能なネットワークに接続します。パブリックIPを用いてインターネット経由で仮想マシン1へSSHでアクセスできるようにするため、ゲートウエイのファイアウオール、NAT(NAT:Network Address Translation/ネットワークアドレス変換)の設定を行います。

【ステップ3 仮想マシン2の作成】 仮想マシン2をvCloud Airカタログのテンプレートを使用せずに作成します。OSライセンスを利用者に用意いただく「Bring Your Own License」を利用する方法です。仮想マシン2をインターネットにアクセスが不可能なクローズドネットワークに接続します。

サンプル環境を構築する

 それでは各ステップを順を追って見ていきましょう。本稿ではまずステップ1と2を、「仮想マシン2」を作成するステップ3については、次回に紹介します。

ステップ1:仮想マシン1の作成(vCloud Airカタログ)

 仮想マシン1図3の赤枠部分)を作成します。ヴイエムウェアのvCloud Airカタログから、CentOSの仮想マシンイメージを展開します。

図3 「仮想マシン1」(CentOS)

(1)新しい仮想マシンの登録

 新規で仮想マシンを登録する際には、vCloud Airの管理ポータル(https://vchs.vmware.com/)から操作します(図4)。

図4 vCloud Air管理ポータルのログイン画面

 管理ポータルにログインし、「Virtual Machines」タブを開き「Add Virtual Machine」を選択します(図5)。

図5 「Add Virtual Machine」を選択

(2)仮想データセンターの選択

 「Add Virtual Machine」を選択すると、「New Virtual Machine」のダイアログボックスが表示されます。ここでは、新たに作成する仮想マシンを配置する仮想データセンターを指定します。今回はデフォルトで作成される仮想データセンターを選択しておきましょう。

(3)テンプレートの選択

 仮想データセンターを指定すると、次にヴイエムウェアが提供する仮想マシンイメージのテンプレートが一覧表示されます。

 今回は「CentOS 6.4 Japanese 64Bit」のテンプレートを選択して「Continue」を選択します(図6)。

図6 「CentOS 6.4 Japanese 64Bit」のテンプレートを選択

(4)仮想マシン名、ホスト名の登録とネットワークの選択

 新たに設定する仮想マシンのプロパティを操作します。表示用の名前「Name」、OSに設定するホスト名「Computer Name」に登録します。今回は、仮想マシン1の名前を「CENTOSVM001」としています(図7)。

図7 仮想マシン1のプロパティを入力

 次に仮想マシンのリソース「Allocated Resources」とネットワーク「NETWORK ASSIGNMENT」を選択します。ここではリソースにデフォルト値を、ネットワークはデフォルトのインターネットに接続可能なネットワーク「<仮想データセンター名>+-default-routed」を選択しておきましょう。

 ここまでの設定が済んだら、「Deploy This Virtual Machine」を選択します。すると仮想マシン1イメージの展開が始まります。

 このように簡単にvCloud Airカタログのテンプレートから新しい仮想マシンを作成することができました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。