連載
» 2015年08月26日 05時00分 公開

最新のディレクトリ同期ツール「Azure Active Directory Connect」でシングルサインオン環境を構築するOffice 365運用管理入門(10)(2/3 ページ)

[宮川麻里,株式会社IPイノベーションズ]

AAD Connectを利用したシングルサインオン構成の実装

 ここからは前述の「[機能2]Active Directoryフェデレーションサービス」の構成方法を、具体的に解説していこう。

AAD Connectのインストール

 (1)まずは、AAD Connectを以下のマイクロソフトのWebサイトから入手する。

 (2)インストールからディレクトリ同期までの詳細な手順は、本連載第9回「Active Directoryのオブジェクトを『ディレクトリ同期ツール』でクラウドに同期する」を参照してほしい。第9回はディレクトリ同期ツールの実行だけだったので、インストール画面では「Use express settings」を選択したが、今回は「Customize」を選択してインストールを進める(画面3)。

画面3 画面3「Customize」を選択して、AAD Connectのインストールを進める

 (3)インストールオプションのコンポーネント選択画面が表示されるが、ここでは何も選択せずに「Install」ボタンをクリックして進む(画面4)。

画面4 画面4 オプションコンポーネントの選択画面。通常利用であれば、何も選択する必要はない

 (4)インストールが開始すると、数分でサインイン方法の選択画面が表示される。今回は「Federation with AD FS」を選択して、「Next」ボタンをクリックする(画面5)。なお、画面下部にはWindows Server 2012 R2やSSL証明書など、AD FSの構成に必要な情報が表示される。

画面5 画面5 サインインに利用する構成を選択する。今回は「Federation with AD FS」を選択する

Office 365/Active Directory資格情報の入力

 (5)その後、Office 365の全体管理者資格情報(Azure AD資格情報)を入力して認識されると、オンプレミスのActive Directoryの資格情報入力画面が表示されるので、各情報を入力後に「Add Directory」ボタンをクリックする(画面6)。ここでは、複数のフォレストを追加することも可能だ。

画面6 画面6 オンプレミスActive Directory資格情報を入力して、「Add Directory」ボタンをクリックする

同期する条件やオプションなどの設定

 (6)Azure ADユーザーと、オンプレミスのActive Directoryユーザーを、同一であると見なすための条件を設定する(画面7)。

画面7 画面7 ユーザー一致の条件は、ユーザー属性など複数から選択できる

 (7)ディレクトリ全体(全ユーザー/全デバイス)を同期するか、ユーザーやグループでフィルタリングして同期するかを選択する(画面8)。必要があれば、ここでユーザーやグループを特定する。

画面8 画面8 ディレクトリ全体を同期するか、ユーザーやグループでフィルタリングして同期するかを選択する

 (8)オプション機能の選択画面が表示されるが、ここでは特に指定しなくてもよい(画面9)。

画面9 画面9 オプション機能を追加する画面。まだプレビュー版の機能も多い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。