連載
» 2015年08月26日 05時00分 公開

最新のディレクトリ同期ツール「Azure Active Directory Connect」でシングルサインオン環境を構築するOffice 365運用管理入門(10)(3/3 ページ)

[宮川麻里,株式会社IPイノベーションズ]
前のページへ 1|2|3       

AD FSの構成とインストール

 (9)AD FSに関する設定画面が表示されるので、これから構成するAD FSが最初の1台目となるのか、新たに追加するAD FSになるのかを選択する。また、この画面上ではSSL証明書を指定する必要があるので、パスワードと共に事前に準備しておく(画面10)。

画面10 画面10 AD FSの構成のためSSL証明書を登録する

 (10)AD FSをインストールするサーバーを指定する(画面11)。ドメインメンバーサーバーの中から該当するサーバー名を入力し、「Add」ボタンをクリックする。「Browse」ボタンをクリックすると、IPアドレスまたはコンピューター名で対象サーバーを検索することができる。

画面11 画面11 AD FSの機能をインストールするサーバーを指定する

 (11)AD FSの構成途中では資格情報が問われるので、適宜入力する。同様に、次の画面ではAD FSプロキシサーバーを指定する(画面12)。

画面12 画面12 AD FSプロキシサーバーの役割を持たせるサーバーを指定する

 (12)すでにAD FSプロキシサーバーが構成済みの場合は、上書きされるとの注意が表示される。その後、資格情報を登録してサーバーを認識させる。

【注意】AD FSおよびWAPの構成エラーについて

 AD FSおよびWAP(Web Application Proxy:Webアプリケーションプロキシ)の構成時には、エラーが表示されることがある。ほとんどの場合は、接続先サーバーで「リモート管理」が無効になっていることが原因だ。エラーが表示された場合は、以下のドキュメントを参考にしてほしい。


 (13)サーバーが認識されると、サービスアカウントを指定する画面が表示される(画面13)。なお、AD FSやSQL Serverなどサービス稼働時に利用する「グループの管理されたサービスアカウント」については、以下のWebサイトを参照してほしい。

画面13 画面13 AD FSを利用するためのサービスアカウントを登録する

 (14)続いて、同期対象のAzure ADドメインを選択する(画面14)。

画面14 画面14 ディレクトリを同期するAzure ADのドメインを選択する

 (15)ここまでの操作でディレクトリ同期の準備は完了だ。最後に「Install」ボタンをクリックして、AD FSインストールを実行する(画面15)。

画面15 画面15 ここで設定した情報に従って、AD FSのインストールが開始する

 (16)インストールが完了するとAD FSの役割がサーバーに組み込まれて、指定したOffice 365(Azure Ad)への同期設定が構成されていることを確認できる(画面16)。

画面16 画面16 AD FSがインストールされ、Office 365へのシングルサインオンも構成されていることが確認できる

 AAD Connectは「とにかくシンプルで簡単」という評価をよく聞く。AD FSファームのように複数台のセッティングが必要な場合には、AAD Connectの一画面から設定できるメリットは非常に大きいだろう。前述したAAD Connect Healthも含めて「設定」「構成」「監視」まで、非常に効率的に実装できるので、今後のOffice 365、Azure ADの運用管理に役立ててほしい。

筆者紹介

宮川 麻里(みやかわ まり)

株式会社IPイノベーションズ所属のマイクロソフト認定トレーナー。主に、Windows Server Active Directory、SQL Server、Office 365などを担当し、マイクロソフト認定コースや要望に沿ったカスタマイズコースを実施している。Microsoft MVP for Office 365(Jul 2015 - Jun 2016)を受賞。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。