“いきなり1000倍高速”になるWordPress高速化チューニング済み仮想マシン「KUSANAGI」とは何かとにかく速いWordPress(11)(2/3 ページ)

» 2016年06月23日 05時00分 公開
[中村けん牛プライム・ストラテジー]

特徴3:無償で使える

 KUSANAGIはオープンソースライセンスで提供されており、無償で利用できます。

 例えばAWSで使う場合、Amazon EC2の利用料/課金は通常通り発生します。しかし、KUSANAGI for AWS自体の利用料は発生しません。

特徴4:対応プラットフォームが多い

 2016年6月現在、KUSANAGIは10種類のパブリッククラウドサービス(IaaS:Infrastructure as a Service)での仮想マシンイメージとして使えるようになっています。

KUSANAGIを利用できるパブリッククラウドサービス

  • アマゾン ウェブ サービス「Amazon Web Services」
  • NTTコミュニケーションズ「Cloudn
  • GMOインターネット「ConoHa by GMO」
  • GMOクラウド「GMOクラウドALTUS」
  • IDCフロンティア「IDCF クラウド」
  • マイクロソフト「Microsoft Azure」
  • IBM「SoftLayer」
  • 鈴与シンワート「S-Portクラウドサービス」
  • GMOインターネット「Z.com Cloud」
  • さくらインターネット「さくらのクラウド」

(※サービス名のアルファベット順)



 この他に、β版(2016年6月現在)ですが、Dockerイメージの「KUSANAGI Runs on Docker(以下、KUSANAGI RoD)」もDocker Hubより提供が開始されました。

 さらに、2016年中に各種ローカルデスクトップの開発環境向け、あるいはオンプレミス環境向けの仮想マシンイメージの提供も予定されています。KUSANAGI、またはKUSANAGI RoDを利用することによって、プラットフォームを問わずに、開発環境から本番環境への柔軟なマイグレーションも可能になります。

特徴5:標準技術による柔軟な構成を選択できる

 KUSANAGIでは、WebサーバとしてNginxかApacheの2種類、PHP実行環境としてPHP 5.6、PHP 7.0、HHVM 3.13の3種類より、自社のシステム環境に応じて選択できるようになっています。WebサーバとPHP実行環境の初期構成は、NginxとHHVMの組み合わせとなりますが、この他にも自由な組み合せが可能です(図2)。

photo 図2 KUSANAGIでは、WebサーバとPHP実行環境の自由な組み合わせが可能

 WebサーバとPHP実行環境の組み合わせは、管理者権限を持つユーザーによるコマンド操作のみでリアルタイムに変更できます。

 参考までに、初期構成から、WebサーバをApacheに、PHP実行環境をPHP 7.0に変更する場合のコマンドは以下の通りです。

[root@ip ~]# kusanagi httpd
[root@ip ~]# kusanagi php7
KUSANAGIで、WebサーバをApacheに、PHP実行環境をPHP 7.0に変更する場合のコマンド

 なおKUSANAGIでは、これまで本連載でも解説してきたように、世界的に標準の技術として使われているものを採用しています。

 具体的には、ベースのOSにはCentOS 7、Webサーバには「Nginx 1.11」か「Apache 2.4」、PHP実行環境には「PHP 5.6」「PHP 7.0」「HHVM 3.13」、データベースシステムには「MariaDB Galera Server 10.0」となります。

 このことは、ベンダーやプラットフォームなどのシステム環境への依存性を少なくしてブラックボックス化を防ぎ、ベンダーロックインなどのリスクを回避できることを意味します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。