連載
» 2017年09月05日 05時00分 公開

「カーソル」を理解する「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ(20)(2/2 ページ)

[具志堅融, 河科湊,著]
前のページへ 1|2       

Chance問題

演習19-1

 次のSQL文は、COBOLプログラムでテーブルAのレコードを読み込むためにカーソル宣言をしている。aに入れるべき適切な語句はどれか。

演習19-1

ア EXEC SQL DECLARE C1 CURSOR FOR

イ EXEC SQL DECLARE CURSOR FOR C1

ウ EXEC SQL OPEN CURSOR C1 FOR

エ EXEC SQL OPEN CURSOR DECLARE C1 FOR

(H17春DB午前問33)


解答 演習19-1 

 *囲み内をクリックすると解答を表示します(表示後ページをリロードすると、再び非表示になります)

Chance問題

演習19-2

 SQLで用いるカーソルの説明のうち、適切なものはどれか。

ア COBOL、Cなどの親言語内で使用できない。

イ 埋込み型SQLにおいて使用し、会話型SQLでは使用できない。

ウ カーソルは検索用にだけ使用可能で、更新用には使用できない。

エ 検索処理の結果集合が単一行となる場合の機能で、複数行の結果集合は処理できない。

(H25春DB午前II問8)


解答 演習19-2 

 *囲み内をクリックすると解答を表示します(表示後ページをリロードすると、再び非表示になります)

本試験過去問題による類題演習
□H16 午前問34 埋込みSQLに関する記述
□H16 午前問31 カーソルを用いたSQL文の完成
□H17 午後I問4 設問3(2) カーソルを用いたSQLの文法。途中からでも解ける。

Chance問題

Point check

次のSQL文は、A表に対するカーソルBのデータ操作である。aに入れるべき適切な語句はどれか。

Point check

ここで、A表の構造は次のとおりであり、下線は主キーを表す。

Point check

(H26春DB午前II問7)


 CURRENT OF A1    CURRENT OF B

 CURSOR B OF A    CURSOR B OF A1


解答 Point check 

 *囲み内をクリックすると解答を表示します(表示後ページをリロードすると、再び非表示になります)

字の間違いは大減点!

間違えやすいSQL 文法のテスト

 以下は意外と忘れがちなSQL文法の問題です。SQL分野の学習終了後にテストしてみて下さい。

  1. SELECT文の結果について、重複行を取り除くコマンドを綴って下さい。
  2. SELECT文の結果について、NULL 値を別の値に置き換える関数を綴って下さい。
  3. ORDER BY句による並べ替えについて、降順を指定するコマンドを綴って下さい。
  4. ORDER BY句による並べ替えについて、昇順を指定するコマンドを綴って下さい。
  5. ORDER BY句による並べ替えは、(特に指定をしなかった場合)降順、昇順のどちらになりますか?
  6. NATURAL JOIN(自然結合)を行うと、自動的に結合キーを判断します。結合キーとみなす条件を挙げて下さい。
  7. カーソルを定義するコマンドを綴って下さい。
  8. 権限を与えるコマンドを綴って下さい。
  9. 権限を取り消すコマンドを綴って下さい。
  10. SQLにおける「制約」を意味する単語を綴って下さい。
  11. 外部キーによる参照関係にあるデータを連携して削除・更新するために利用する参照制約のオプションコマンドを綴って下さい。
  12. SQLにおける「スキーマ」を綴って下さい。
  13. SQLにおける「コミット」を綴って下さい。

解答  
1. DISTINCT
2. COALESCE(列名、値)
3. DESC
4. ASC
5. 昇順
6. 同じ名前とデータ型の属性であること
7. DECLARE カーソル名 CURSOR FOR(SQL文)
8. GRANT 権限 ON テーブル TO ユーザ
9. REVOKE 権限ONテーブル FROM ユーザ
10. CONSTRAINT
11. CASCADE
12. SCHEMA
13. COMMIT

 *囲み内をクリックすると解答を表示します(表示後ページをリロードすると、再び非表示になります)


書籍紹介

ポケットスタディ データベーススペシャリスト [第2版]

ポケットスタディ データベーススペシャリスト [第2版]

具志堅融、河科湊著
秀和システム 1,500円

データベーススペシャリスト試験は同じパターンの出題が多いため、過去問をたくさん解くことが合格の早道です。しかし、難易度の高い過去問を解くには、勉強が必要であり、多くの時間と労力を必要とします。本書は、プロの講師が推奨する、テキストを少し読み→該当する過去問を解き→理解を深めるというアジャイル的学習法で、驚くほど短時間で合格するツボとコツを解説します。"すき間時間"を活用して効果的な学習ができます!


注文ページへ

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。