連載
» 2017年10月31日 05時00分 公開

「データウェアハウス」「OLAP」「データマート」を理解する「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ(28)(2/2 ページ)

[具志堅融, 河科湊,著]
前のページへ 1|2       

データクレンジング

 以下の出題とセットで、データクレンジングの意味を押さえて下さい。

Chance問題

演習27-2

 業務系のデータベースから抽出したデータをデータウェアハウスに格納するために、整合されたデータ属性やコード体系などに合うように変換及び修正を行う処理はどれか。

ア クラスタリング  イ スライシング

ウ ダイシング    エ データクレンジング

(H27春DB午前II19)


解答 演習27-2 

 *囲み内をクリックすると解答を表示します(表示後ページをリロードすると、再び非表示になります)

データマート

 データウェアハウスに保存されたデータの中から、特定の部門やユーザの使用目的に応じて特定のデータを切り出し、別のデータベースに整理したものをデータマートと呼びます。

 データウェアハウスは、午前試験に、ほぼ毎年出題されます。OLAPの各手法について、意味を取り違えないよう注意して下さい。

本試験過去問題による類題演習
□H26 午前II問17 スキーマデータでモデル化し、分析対象データを格納するテーブル
□H23 午前II問18 OLAP(Online Analytical Processing)の操作に関する説明
□H18 午前問13 データ分析における分類項目変更操作

Chance問題

Point check

関係データベースを利用して、データウェアハウスをスタースキーマ構造で作成することがある。このとき、分析の対象とするトランザクションデータを格納するテーブルはどれか。

(H21春DB午前II問14)


 ディメンションテーブル   デシジョンテーブル

 ハッシュテーブル      ファクトテーブル


解答 Point check 

 *囲み内をクリックすると解答を表示します(表示後ページをリロードすると、再び非表示になります)

書籍紹介

ポケットスタディ データベーススペシャリスト [第2版]

ポケットスタディ データベーススペシャリスト [第2版]

具志堅融、河科湊著
秀和システム 1,500円

データベーススペシャリスト試験は同じパターンの出題が多いため、過去問をたくさん解くことが合格の早道です。しかし、難易度の高い過去問を解くには、勉強が必要であり、多くの時間と労力を必要とします。本書は、プロの講師が推奨する、テキストを少し読み→該当する過去問を解き→理解を深めるというアジャイル的学習法で、驚くほど短時間で合格するツボとコツを解説します。"すき間時間"を活用して効果的な学習ができます!


注文ページへ

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。