連載
» 2017年03月09日 05時00分 公開

Ubuntuで実践する「DRBD 9環境」構築マニュアルDRBDの仕組みを学ぶ(15)(2/4 ページ)

[澤田健,@IT]

DRBD 9をインストールする

 3台のサーバへDRBD 9をインストールしていきます。

hostsに追記する

 まず、「hosts」ファイルへサーバ情報を追記します。「/etc/hosts」に、DRBD9をインストールする3台分の情報を追加します。IPアドレスなどは自身の環境に応じて適宜読み替えて設定してください。

# vi /etc/hosts
 
<省略>
 
192.168.0.101	DRBD9-1
192.168.0.102	DRBD9-2
192.168.0.103	DRBD9-3
 
「/etc/hosts」にサーバ情報を追記する

 以降、サーバ名:DRBD9-1を「一号機」、DRBD9-2を「二号機」、DRBD9-3を「三号機」と表記します。

公開鍵の作成と鍵交換

 一号機で公開鍵を「ssh-keygen」コマンドで作成します。デフォルト設定のままで全てEnterキーで構いません。

# ssh-keygen -t rsa
 
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/root/.ssh/id_rsa):
Created directory '/root/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /root/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /root/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
1d:b1:e3:e1:33:dc:eb:62:9c:bb:dd:41:45:b4:3e:bc root@DRBD9-1
The key's randomart image is:
+--[ RSA 2048]----+
|          .    .o|
|           o   ..|
|          =    ..|
|         = =  o. |
|        S B . .+ |
|           o o  o|
|         . .. .E |
|          =o . . |
|         .o+o .  |
|                 |
|                 |
+-----------------+
# 
 
一号機で公開鍵を作成する

 続いて、3台のサーバで鍵交換をします。一号機で以下のコマンドを実行します。

# ssh-copy-id -i .ssh/id_rsa.pub root@192.168.0.101
# ssh-copy-id -i .ssh/id_rsa.pub root@192.168.0.102
# ssh-copy-id -i .ssh/id_rsa.pub root@192.168.0.103
鍵交換を行う

 「Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?」と聞かれるので、「yes」を入力し、サーバへのログインパスワードを3台分それぞれ入力します。

LVM領域を作成する

 次に「LVM(Logical Volume Manager)領域」を作成します。LVM領域は、DRBD Manageを使用してDRBD 9環境を作成する場合に必要となる領域です。

 LVM領域は新たに追加したボリューム「/dev/sdb1」へ作成します。「pvcreate」コマンドで初期化して、「vgcreate」コマンドで「drbdpool」という名称のボリュームグループを作成します。

# pvcreate /dev/sdb1
  Physical volume "/dev/sdb1" successfully created.
 
# vgcreate drbdpool /dev/sdb1
  Volume group "drbdpool" successfully created
「/dev/sdb1」へLVM領域を作成する

リポジトリを追加する

 DRBD9とDRBD Manageをインストールするためのリポジトリを追加します。リポジトリ追加後、パッケージリストも更新します。

$ sudo add-apt-repository ppa:linbit/linbit-drbd9-stack 
$ sudo apt update
リポジトリを追加し、パッケージリストを更新する

DRBD9とDRBD Manageをインストールする

 DRBD9とDRBD Manageをインストールします。

$ sudo apt-get install drbd-utils python-drbdmanage drbd-dkms
DRBD9とDRBD Manageをインストール

 以上でDRBD 9とDRBD Manageのインストール作業は完了です。続いて、DRBD 9環境の構築作業に移ります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。