連載
» 2018年09月27日 05時00分 公開

WSUSによるWindows 10の機能更新プログラムの配布[後編]企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(33)(2/2 ページ)

[山市良,テクニカルライター]
前のページへ 1|2       

「前のバージョンのWindows 10に戻す」を最大60日に延長するには?

 Windows 10ではアップグレード後10日間は「前のバージョンのWindows 10に戻す」を使って、アップグレード前のバージョンにロールバックできます。ただし、ディスクの空き領域が十分でない場合、それ以前にクリーンアップされる可能性もあります。

 Windows 10 バージョン1803からは、既定の「10日」を最大で「60日」に延期することが可能になりました。コマンドプロンプトまたはWindows PowerShellで以下の「DISM」コマンドを実行することで、最大の60日に延期できます(画面8)。なお、60日より大きな値を設定した場合、10日に戻ります。

DISM /Online /Set-OSUninstallWindow /Value:60
DISM /Online /Get-OSUninstallWindow

 筆者はWindows 10 バージョン1607 Enterprise/Educationエディションの「2018年10月サポート終了」(当初の予定)を受け、今回、最後に残しておいたバージョン1607の検証環境をバージョン1803にアップグレードしました。前述したように、Enterprise/Educationエディションのサポートはさらに6カ月延長されました(リリース後30カ月)。もしかすると、バージョン1607の環境が必要になるかもしれないので、この設定を行っておきます。

画面8 画面8 「DISM」コマンドでロールバック可能な期限を既定の10日から最大の60日に変更できる(バージョン1803からの機能)

 2018年9月27日(米国時間)、WSUS向けにWindows 10 バージョン1703、1709、1803の機能更新プログラムの新しいパッケージが提供されます。新しいパッケージはx64版のみを含む機能更新プログラムです。従来の機能更新プログラムはx86版とx64版を含みますが、WSUSとクライアント間はクライアントの環境に応じて適切なイメージがダウンロードされます。

 新しいx64版のみを含む機能更新プログラムを利用すると、Microsoft UpdateからWSUSの配布ポイントへのダウンロードサイズを削減できます。なお、x86版のみの機能更新プログラムの提供は予定されていません。

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。Microsoft製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。近著は『Windows Server 2016テクノロジ入門−完全版』(日経BP社)。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。