連載
» 2020年11月24日 05時00分 公開

完全統合を果たしたクロスプラットフォームの「.NET 5.0」、正式リリースMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(128)

2020年11月10日(米国時間)、Microsoftはアプリケーション開発/実行環境の最新メジャーリリース「.NET 5.0」を正式にリリースしました。今後、運用環境のWeb(クラウド)アプリ、およびWindows、macOS、Linuxのクロスプラットフォームのデスクトップアプリ開発に積極的に利用することができます。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

「.NET 5.0」は、.NET Frameworkと.NET Coreを統合する後継バージョン

 MicrosoftはWindowsの各バージョンに同梱または追加提供する形で最新の「.NET Framework(1.0〜4.8)」を提供する一方で、2016年からはWindows、macOS、Linuxのクロスプラットフォームに対応した「.NET Core(1.0〜3.1)」を提供してきました。2020年11月10日(米国時間)に正式リリースが発表された「.NET 5.0(5.0.0)」は、両者の後継となる最新のメジャーリリースです。

 .NET 5.0の新機能については、以下のアナウンスおよび各種ドキュメントで確認してください。

 Windowsの.NET Frameworkは「4.8」が最終バージョンとなり、今後、このバージョンに対して新機能が追加されることはありません。.NET 5.0はアプリケーション開発および実行環境であるため、エンドユーザーがこの新リリースに対してすぐに何か対応しなければならないということはありません。しかし、近い将来、.NET 5.0以降で作られたローカルのアプリを導入する際、適切なバージョンのランタイムのインストールを要求されることはあるかもしれません。

 .NETは「Current」と「Long Term Support(LTS)」の2つのリリースチャネルがあります。.NET Core 3.1はLTSリリース、.NET 5.0はCurrentリリースです。.NET 5.0以降、毎年新しいメジャーリリースが提供され、偶数バージョンはLTSリリースになります。CurrentリリースはLTSリリース後、3カ月間サポートされ、LTSリリースは3年間サポートされます。次のバージョンは2021年11月に予定されているLTSバージョン「.NET 6.0」になります。

App Serviceは新機能「早期アクセス」を通じて.NET 5.0に対応

 「Webアプリ」とも呼ばれる「Azure App Service」は、.NET 5.0の正式リリースに合わせて追加された新機能「早期アクセス(Early Access)」で.NET 5.0で開発されたアプリのデプロイと実行に対応します(画面1)。

画面1 画面1 App Serviceは新機能「早期アクセス(Early Access)」で.NET 5.0アプリのデプロイと実行に対応する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。