連載
» 2021年01月29日 05時00分 公開

さよならPHP、WindowsでのPHPのサポートが「2022年11月28日」に完全終了Microsoft Azure最新機能フォローアップ(132)

「PHP」は、古くから人気のあるWebアプリのためのスクリプト言語です。当初はLinux上のApache Webサーバと組み合わせて利用されることが多かったものの、Windowsの「IIS」でも古くからサポートされていました。2020年11月26日に最新バージョン「PHP 8.0」がリリースされましたが、Microsoftはこのバージョンをサポートする予定はありません。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

IISとPHPの長い付き合い

 「PHP」は、古くからWindowsの「インターネットインフォメーションサービス(IIS)」をWebサーバのプラットフォームとして正式にサポートしてきました。それは、2007年3月にZend TechnologiesがMicrosoftとの技術提携の成果として「FastCGI for IIS」(Zend Core 2.0)を提供したのが始まりです。

 FastCGI for IISは、IIS 5.0(「Windows 2000 Server」に搭載)以降のWindowsプラットフォームを正式にサポートし、IIS 7.0(「Windows Server 2009」に搭載)からはFastCGIモジュールが標準搭載されるようになりました。

 PHPは「Azure App Service」で正式にサポートされているランタイムスタックの一つです。Azure App Serviceでは、公式サポート(Official Support)および拡張サポート(Extended Support)が提供されているPHPのバージョンを、LinuxおよびWindowsのそれぞれについて同様に正式サポートしています(画面1)。

画面1 画面1 Azure App Serviceは、公式および拡張サポート期間中のPHPのバージョンをLinuxおよびWindows上で正式にサポートしている

 マイナーバージョンについては、拡張サポートが終了すると、SLA(Service Level Agreement)を維持しながら自動的に後継バージョンに移行してくれます。互換性問題を回避するためには、自動的な移行が実施される前に、テストして手動で後継バージョンに切り替えることをお勧めします(画面2)。

画面2 画面2 PHP 7.2を利用している場合は、「2021年2月1日」に自動でアップグレードされる前に、互換性をテストして問題がないかどうかを確認しておくことをお勧めする

MicrosoftはWindows版PHP 8.0をサポートしない

 現在は、WindowsおよびLinux版のPHP 7.2/7.3/7.4が正式にサポートされており、2021年1月時点で新規デプロイできるのはこれらのバージョンに限られます。直近では、「2021年2月1日」にPHP 5.6およびPHP 7.2の拡張サポートが終了します(表1)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。