ニュース
» 2021年08月03日 08時00分 公開

年収800万円以上のエンジニアが習得したいプログラミング言語は「Rust」と「Go」 ファインディ「業務利用する言語」と「習得したい言語」に差

ファインディが実施した「エンジニアのキャリア動向」に関する調査によると、業務で利用している言語や技術は「JavaScript」「Python」「Ruby」が多く、業務で使用していないが、今後習得したい言語や技術では「Rust」「Go」などの人気が高かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ファインディは2021年8月2日、「エンジニアのキャリア動向」に関する調査結果を発表した。

画像 年収別、「今後習得したい言語や技術」(出典:ファインディ

 この調査は、ファインディが運営するエンジニア採用プラットフォーム「Findy」のユーザー1044人を対象に実施したもので、IT/Web系エンジニアが「現在主に業務で使用している言語・技術」や「今後習得または強化したい言語・技術」について調べ、年収別に集計した。

年収800万円以上のエンジニアが今後習得したいのは「Rust」と「Go」

 現在業務で利用している言語や技術について聞くと「JavaScript」「Python」「Ruby」などが目立った。年収別で見ると600万円未満は上から順にJavaScript(60%)、Python(29%)、PHP(26%)だった。600万〜800万円未満は、JavaScript(40%)、Python(38%)、Ruby(25%)。800万円以上では、Python(38%)、JavaScript(34%)、Ruby(25%)の順だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。