ニュース
» 2021年08月05日 08時00分 公開

「これまで以上に安定した配送ができる」システムをアルフレッサとヤマト運輸が開発ビッグデータとAIで配送業務を最適化

アルフレッサとヤマト運輸は、ビッグデータとAIを活用した、配送業務量を予測するシステムと配車計画を自動作成するシステムを開発し、導入を開始した。配送生産性を最大20%向上させることができ、走行距離とCO2排出量を最大25%削減できるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アルフレッサとヤマト運輸は2021年8月3日、ビッグデータとAI(人工知能)を活用した「配送業務量予測システム」と配車計画を自動作成するシステムを開発し、導入を開始したと発表した。

画像 システム導入後の配送イメージ(出典:ヤマト運輸

 アルフレッサとヤマト運輸は、生産年齢人口の減少によって「長距離ドライバーの負担が増加していること」や新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い、「医薬品の不足が発生していること」「対面で実施する医薬品の検品作業が医療従事者の負担になっていること」に課題を感じていた。そこで、効率的な配送計画を立てることによってこれらの課題を解決できると考えた。

「パッケージ納品」で対面作業を削減

 アルフレッサとヤマト運輸が開発した「配送業務量予測システム」は、配送に関連する「販売」「物流」「商品」「需要トレンド」といったデータ(ビッグデータ)をAIで分析し、注文数や配送発生確率、納品時の滞在時間といった「顧客ごとの配送業務量」を予測する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。