ニュース
» 2021年08月11日 08時00分 公開

ブラウザさえあればアクセス可能に NTT東日本とIPAが「シン・テレワークシステム」のHTML5版を提供開始「MacやChromebookでも利用したい」という声に応える

NTT東日本とIPAは、「シン・テレワークシステム」のHTML5版を提供開始した。クライアント側にはソフトウェアをインストールする必要がなく、HTML5対応のWebブラウザがあればWindows PC以外の端末でも利用が可能だ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NTT東日本と情報処理推進機構(IPA)は2021年8月5日、両者が提供している無償のリモートデスクトップシステム「シン・テレワークシステム」のHTML5版を提供開始すると発表した。

画像 Chromebookでの「シン・テレワークシステム」利用イメージ(出典:NTT東日本

 シン・テレワークシステムは、リモートアクセス元のクライアントPCとリモートアクセス先の職場や学校のPCにそれぞれ専用のソフトウェアをインストールすることで安全なリモートデスクトップ接続を利用できる。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染リスクのある時期に「出勤することなく、できるだけ普段通りに活動を継続できるようにすること」を目的に、実証実験として2020年4月21日から無償で提供されている。

HTML5版はクライアントPCへのソフトウェアインストールが不要に

 NTT東日本とIPAによると、シン・テレワークシステムは提供を開始してから約17万人に利用されており、多くの要望が寄せられ、それに応える形でさまざまな機能を追加開発しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。