ニュース
» 2021年08月04日 16時00分 公開

「Windows 365」が提供開始、アプリ互換性問題もサポートApp Assureサービスを拡充

Microsoftは「Windows 365」の提供を2021年8月2日に開始した。同時に「App Assure」サービスをWindows 356に対応させており、今後起こる可能性のあるアプリケーションの互換性問題を解決するという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2021年8月2日(米国時間)、「Windows 365」の提供を開始した。Windows 365は法人向けのクラウドサービス。ユーザー単位のサブスクリプション料金は月額2720円(税別)から。

 300ユーザーまでの「Windows 365 Business」とユーザー数に制限のない「Windows 365 Enterprise」の2つにサービスが分かれる。それぞれ仮想CPUの数(1〜8個)とメモリ容量(2G〜32GB)、ストレージ容量(64G〜512GB)によって料金が異なる。

 Windows 365は「Windows 10」や「Windows 11」(2021年中にリリース予定)を体験する新しい方法だ。OSを「Microsoft Azure」に移行し、Windows体験全体(アプリケーション、データ、設定など)を個人や企業のデバイスに安全にストリーミングする(関連記事:「Azure Virtual Desktop」との違い)。

Windows 365の利用イメージ(出典:Microsoft

 Microsoftによれば「Windows 365では、使い慣れた使いやすい技術を常に使うことができ、ユーザーは任意のデバイスで、安全で強力なコンピューティング機能を利用して、仕事や創造に携わることができる」という。Windows 365の特徴は次の通り。

(1)パーソナライズされた「Cloud PC」
 ユーザーのアプリケーションやデータ、コンテンツ、設定、ストレージをMicrosoft Azureからストリーミングする。

(2)シンプル、強力、安全
 企業はニーズに合わせてCloud PCを簡単にセットアップしてスケーリングし、出社とテレワークを組み合わせたハイブリッドワークを行う従業員を安全にサポートできる。

(3)任意のデバイスにストリーミング可能
 ユーザーは、任意のデバイスを切り替えて使うことができ、直前にあるデバイスで行っていた作業を、次に別のデバイスですぐに続行できる。仕事やコラボレーションの新しい機会を体験できる。

アプリケーション互換性の問題解決に向けたApp Assure

 Windows 365の提供開始と同時に、同社の「App Assure」サービスがWindows 365に対応した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。