ニュース
» 2021年08月20日 08時00分 公開

ガートナーが「DX成功の鍵を握る5つの役割」を発表重要なのは「自社が重視すべき能力を見極めること」

ガートナー ジャパンは、DXの推進に必要となる5つの役割を発表した。自社の目的に合った人材を育てることをゴールに据えると、効果的な人材育成を短期間で実行できるようになるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパンは2021年8月18日、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に必要となる5つの役割を発表した。ガートナー ジャパンは「企業はDX成功の鍵を握る人材の役割を理解し、自社に必要な人材の確保に取り組むべきだ」としている。

画像 ガートナー ジャパンのWebページから引用

「日本企業は見切り発車でDXを推し進める傾向がある」

 ガートナー ジャパンの足立祐子氏(ディスティングイッシュトバイスプレジデント、ガートナーフェロー)は次のように語る。

 「日本企業は、経営トップの掛け声とともにDXを推し進める傾向がある。見切り発車になりがちで、『どのような人材が必要かが分かっていない。分からないから、育成もうまくいかない』という悪循環に陥っている」

 ガートナー ジャパンは、CIO(最高情報責任者)やITリーダーがDXを推進する際に必要な役割を明確にすべきだと指摘する。同社が提言する役割は以下の5つ。

  • ビジネス系プロデューサー(ビジネスアーキテクト)
  • 技術系プロデューサー(テクノロジーアーキテクト)
  • 技術者(エンジニア)
  • デザイナー
  • チェンジリーダー

ビジネス系プロデューサー(ビジネスアーキテクト)

 DXによるビジネスゴールを定義し、新たなビジネスモデルを考えたり、DXに関する企画を考えたりする役割。

技術系プロデューサー(テクノロジーアーキテクト)

 ビジネスゴールの達成に向けて、最適なデジタル技術を特定し、技術を適用したときのシステム面への影響を分析したり予測したりする役割。

技術者(エンジニア)

 現場で実際に技術を活用する役割。ガートナー ジャパンは「自動化やデータサイエンス、AI(人工知能)などに注目しがちだが、確実にDXを推進していくためには、通信ネットワークやIT基盤、セキュリティといった領域の役割も重要だ」と指摘する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。