ニュース
» 2021年08月24日 08時00分 公開

「3000万ドル以上の身代金を要求された」が約3割 バラクーダネットワークスがランサムウェア攻撃の傾向を調査インシデントは対前年比で64%増加

バラクーダネットワークスジャパンは、「バラクーダの注目する脅威:ランサムウェアの傾向」を発表した。ランサムウェア攻撃によるインシデントは、対前年比64%増の121件だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 バラクーダネットワークスジャパン(以下、バラクーダ)は2021年8月23日、「バラクーダの注目する脅威:ランサムウェアの傾向」と題した調査結果を発表した。

画像 ランサムウェア攻撃を受けた業界の割合(出典:バラクーダネットワークスジャパン

 この調査結果は、2020年8月から2021年7月の間に発生したランサムウェア攻撃を分析したもの。主に自治体や医療、教育関係の企業が狙われているが、その他の企業への攻撃も増加していることが分かった。

より多くの企業に到達する「サプライチェーン」への攻撃が増加

 調査結果によると、ランサムウェア攻撃によるインシデントは対前年比64%増の121件になっており、バラクーダは「ランサムウェア攻撃は、一度の攻撃でより多くの企業に到達する『ソフトウェアサプライチェーン攻撃』へと急速に進化している」と指摘する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。