ニュース
» 2021年09月13日 08時00分 公開

2025年度には売上金額は440億円に ITRが国内電子契約サービス市場を予測「電子契約サービス市場は今後も堅調に成長」

ITRは、国内電子契約サービス市場の予測を発表した。2020年度の売上金額は、対前年度比72.7%増の100億7000万円。2021年度は同75.0%増の176億2000万円の見込み。2025年度には440億円に達すると予測する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アイ・ティ・アール(ITR)は2021年9月9日、国内電子契約サービス市場の予測を発表した。2020年度の売上金額は、対前年度比72.7%増の100億7000万円。2021年度の売上金額は対前年度比75.0%増の176億2000万円と予測する。

画像 2019〜2025年の電子契約サービス市場規模推移と予測(出典:ITR資料)

「企業ごとに違う電子契約をどう管理するか」という新しいニーズ

 電子契約サービスは、事務作業時間や契約締結にかかるリードタイムの短縮に加え、事務経費や印紙税を削減する効果がある。ITRは「2020年6月に内閣府や法務省、経済産業省が契約書への押印不要の見解を示したことで、事業継続の観点からも電子契約サービスの導入が加速している」と述べている。

 「DX」(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいる企業でも、ペーパレス化や事務作業の効率化などを目的に電子契約サービスを導入する動きが拡大しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。