ニュース
» 2021年09月30日 15時30分 公開

AWS、クラウドBIサービス向け自然言語クエリツール「Amazon QuickSight Q」を一般提供自然言語で質問すると、数秒で回答

Amazon Web Servicesは、クラウドBIサービス「Amazon QuickSight」向け自然言語クエリツール「Amazon QuickSight Q」の一般提供を開始した。自然言語で質問すると、数秒で回答が得られるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2021年9月23日(米国時間)、「Amazon QuickSight Q」(QuickSight Q)の一般提供を開始した。

 QuickSight Qはクラウド向けに構築されたスケーラブルでサーバレス、組み込み可能な機械学習(ML)ベースのビジネスインテリジェンス(BI)サービス「Amazon QuickSight」の自然言語クエリツール。QuickSight Qは2020年12月に発表されており、現在は英語にのみ対応している。

 QuickSight Qを利用すると、ユーザーは検索バーに自然言語(英語)でビジネスに関する質問、例えば「what is the year-over-year sales trend?」(前年比の売り上げ動向は?)を入力すると、数秒で回答を得ることができるという。回答には、ユーザーが洞察を得るのに役立つグラフやテーブルといった視覚表現が添えられる。

 以前は、このようにユーザーが自然言語で質問をして回答を得るには、質問の都度、BIアナリストがデータモデルとダッシュボードを更新する作業が必要であり、作業に数カ月かかる場合もあった。QuickSight Qは、あらかじめ構築されたダッシュボードやレポートに依存していないため、こうした問題とは無縁だ。

自然言語で質問し、数秒で回答を得られる(出典:AWS、クリックして再生

各種ソースからデータを取得して回答

 QuickSight Qは自然言語理解(NLU)を利用して、ユーザーの質問からビジネス用語と意図を抽出し、Amazon QuickSightでサポートされているソースから対応するデータを取得して、回答を返す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。