ニュース
» 2021年10月29日 08時00分 公開

ガートナーが「日本における未来志向型インフラ・テクノロジーのハイプ・サイクル:2021年」を発表「NFT」は「過度な期待」のピーク期に

ガートナー ジャパンは「日本における未来志向型インフラ・テクノロジーのハイプ・サイクル:2021年」を発表した。日本市場に特化しており、「人間中心のAI」「人間中心のデザイン」「イマーシブ・エクスペリエンス」など新たに16の項目を追加している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は2021年10月28日、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジーのハイプ・サイクル:2021年」を発表した。

画像 「日本における未来志向型インフラ・テクノロジーのハイプ・サイクル:2021年」(提供:ガートナー ジャパン

 このハイプ・サイクルは日本市場に特化しており、ITインフラの視点からビジネスに重要なインパクトをもたらすテクノロジーを取り上げているという。ガートナーは「2021年のハイプ・サイクルは新たに16の項目を追加した。インフラを中心とするテクノロジーやトレンドとなっているキーワードで、どれも『未来志向型』といえる」と述べている。

ブロックチェーンは「幻滅期」の谷底、人工知能は「啓発期」に

 追加された項目は、「人間中心のAI」「人間中心のデザイン」「イマーシブ・エクスペリエンス」「デジタル倫理」「6G」「振る舞いのインターネット」「トランスフォーマー(NLP)」など。人を中心としたデジタル化の考え方に関わる項目が含まれている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。