ニュース
» 2021年12月02日 08時00分 公開

AWSの発表したプライベート無線サービス「AWS Private 5G」とは?自営無線通信をクラウドサービス化

AWS Private 5Gは「自営モバイル通信のクラウドサービス化」とも表現できる。無線免許は要らず、初期投資なしでプライベート無線通信を迅速に展開できるという。どんなサービスなのか。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2021年11月30日(米国時間)、年次カンファレンス 「AWS re:Invent」で、「AWS Private 5G」を発表した。米国でプレビューを開始したという。スタジアム、医療現場、倉庫、店舗、原油採掘現場など、Wi-Fiの補完から映像伝送、IIoT(Industrial IoT)、スマートファクトリーまでを担うことを狙っている。

 AWS Private 5Gは「自営無線通信のクラウドサービス化」とも表現できる。無線免許は要らず、初期投資なしでプライベート無線通信を迅速に展開できるという。発表されたAWS Private 5Gにモバイル通信事業者は絡まない。

 AWS CEOのアダム・セリプスキー氏は、「AWS Private 5Gを使えば、プライベートなモバイル通信ネットワークの構築や拡張に何カ月もかける必要はない。数日で済む。長い時間をかけて計画をしたり、複雑な統合作業を行ったり、高価な初期投資をしたりせずに、モバイル技術の優れたところを全て利用できる」と話した。

AWS Private 5Gの料金体系と無線免許が不要な理由

 AWS Private 5Gは、スモールセルの基地局、 サーバ、RANソフトウェア、パケットコア、SIMカードで構成されている。これらを使い、ユーザーの指定した場所にプライベート無線ネットワークを数日で展開できるという。パケットコアはAWSのリージョン、オンプレミスのサーバのどちらで動かすかを選択できる。 オンプレミスのサーバで動かせば、より低遅延が実現できる。

 上記の設備は、 ユーザーが購入するわけではなく、全てマネージドサービスとして提供される。従って初期投資は基本的にはゼロだという。利用料金はラジオユニットの数と必要な帯域幅に応じた支払いとなる。接続する端末数に関係がないため、IoT のような用途には適しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。