ニュース
» 2022年02月03日 06時52分 公開

ジュニパーが SD-WANの統合管理対応を完了、機械学習/AIを生かしたトラブルシューティングも実現ハードウェア製品も発表

ジュニパーネットワークスがSD-WAN製品「Session Smart Router」で、機械学習/AIを活用する同社のネットワーク管理サービス「Mist AI」との統合を完了したと発表した。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Juniper Networksの日本法人、ジュニパーネットワークスは2022年2月2日、同社のSD-WAN製品「Session Smart Router」で、機械学習/AIを活用する同社のネットワーク管理サービス「Mist AI」との統合を完了したと発表した。

 Junperは、ユニークなSD-WAN技術を持つ128 Technologyを買収し、その製品をSession Smart Routerとして展開してきた。

 Session Smart Routerは独自のルーティング技術を持つSD-WAN製品。IPsecなどのようなトンネリングは行わず、ペイロードのみを暗号化する(httpsなどの場合はペイロードを暗号化しない設定も可能) 。このためパフォーマンスは高いと、 ジュニパーネットワークスの技術統括本部エンタープライズアーキテクト、和久利智丈氏は話す。

無線 LAN からSD-WANまで 、Juniperの企業向けネットワーク製品全てで機械学習を活用した管理を実現

 一方Juniperは、無線LANベンダーMist Systemsの買収で、機械学習/AIを活用する管理基盤「Mist AI」を獲得した。そしてこの技術を無線LANから有線LAN、SD-WANへ段階的に統合してきた。今回SD-WANの初期設定や管理がMist AIクラウドからできるようになったことで、企業向けネットワーク製品全体の統合が完了したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。