ニュース
» 2022年02月10日 13時00分 公開

Microsoft、「Windows Terminal Preview 1.13」をリリース設定UIをアップデート

Microsoftは「Windows Terminal Preview 1.13」をリリースした。アップデートされた設定UIの他、プロファイルの自動昇格や新しいテキストレンダリングエンジンなど、さまざまな新機能が追加されている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2022年2月3日(米国時間)、「Windows Terminal Preview 1.13」をリリースし、「Windows Terminal」の最新版をバージョン1.12に移行したと発表した。

 Windows Terminal 1.12のリリースは、リテール版Windowsでの提供開始に先立って、Windows Insider Programで始まる。通常通り、Windows TerminalとWindows Terminal Previewは、Microsoft StoreまたはGitHubリポジトリからインストールできる。

 なお、Windows Terminal 1.13からは、サポートされる「Windows 10」のバージョンが18362(19H1)から19041(20H1)以降に変わった。

 Windows Terminal Preview 1.13の新機能は次の通り。

設定UIのアップデート

 WinUI 2.6を使用して、「Windows 11」の新しいスタイルに合わせるよう設定画面のUIがアップデートされた。

新しい設定UI(提供:Microsoft

プロファイルの自動昇格

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。