ニュース
» 2022年02月15日 16時30分 公開

ダウンロードした「VBAマクロ」、Microsoftがデフォルトでブロックへ2022年4月から順次適用

インターネットからダウンロードしたWordファイルやExcelファイルがVBAマクロを含んでいた場合、セキュリティリスクが高い。Microsoftは従来の取り組みを一歩進め、このようなVBAマクロをデフォルトでブロックし、ボタンをクリックするだけではVBAマクロを有効にできないようにする。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2022年2月7日(米国時間)、ユーザーがインターネットから入手したVBA(Visual Basic for Applications)マクロ(以下、マクロ)を既定でブロックする予定だと発表した。Windows版「Microsoft Office」の「Microsoft Access」「Microsoft Excel」「Microsoft PowerPoint」「Microsoft Visio」「Microsoft Word」の各アプリケーションに影響が及ぶ。

 Microsoftは2022年4月初めから「バージョン2203」で、変更を展開する。「最新チャネル(プレビュー)」から始め、他の更新チャネル(「最新チャネル」「月次エンタープライズチャネル」「半期エンタープライズチャネル」など)でも順次展開していく。

 さらに、永続版Officeの「Office LTSC」「Office 2021」「Office 2019」「Office 2016」「Office 2013」にも、この変更を適用する計画だ。

なぜブロックするのか

 これまでのMicrosoftの対応は限定的だった。インターネットからダウンロードしたOfficeファイルをユーザーが開くと、読み取り専用の保護ビューでメッセージバーとともにファイルを表示する。ユーザーがボタンをクリックするだけで、マクロを有効にできるようにしてきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。