ニュース
» 2022年04月16日 08時00分 公開

2022年3月時点で最も流行しているマルウェアは「Emotet」 チェック・ポイント・リサーチが世界脅威インデックスを発表最も悪用された脆弱性は「Apache Log4j」

チェック・ポイント・リサーチは、2022年3月の世界脅威インデックスを発表した。最も流行しているマルウェアは、国内と世界のいずれも前月と同様に「Emotet」。悪用された脆弱性の第1位は「Apache Log4j」だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの脅威インテリジェンス部門であるチェック・ポイント・リサーチは2022年4月15日、2022年3月の「Global Threat Index」(世界脅威インデックス)を発表した。それによると2022年3月時点で最も流行しているマルウェアは「Emotet」だった。

季節の変わり目をテーマにしたフィッシングメールで感染を拡大

 Emotetは2021年1月末にUROPOL(欧州刑事警察機構)がテイクダウン(停止措置)に成功し、世界最大規模のボットネットが無害化されたが、2021年11月に復活。それ以来、流行が続いてしまっている。2022年3月にEmotetの影響を受けた企業は世界の10%に当たり、これは「前月(2022年2月)の2倍に増えている」とチェック・ポイント・リサーチは述べている。

 チェック・ポイント・リサーチによると、サイバー犯罪者は人間の心理を巧みに利用し、例えば復活祭(イースター)などの季節の変わり目をテーマにしたフィッシングメールを送っているという。

画像 イースターをテーマにしたフィッシングメールの例(提供:チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ

 日本で、Emotetの次に流行しているマルウェアは「njRat」「Remcos」(同率で第2位)だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。