ニュース
» 2022年05月09日 08時00分 公開

「COVID-19対策としてのテレワーク推進」は一段落 ソフトクリエイトが情報システム部に関する調査結果を発表約6割が何かしらの形でDXに関与している

ソフトクリエイトは「情報システムの現状とIT活用実態アンケート 2022」の結果を発表した。テレワーク対策は一段落しており、クラウド化やセキュリティ対策などに注力していることが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ソフトクリエイトは2022年4月27日、「情報システムの現状とIT活用実態アンケート 2022」の結果を発表した。それによると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてのテレワークへの取り組みは一段落したことや、ゼロトラストを取り入れている企業がまだ少ないことが分かった。

 調査は、ソフトクリエイトが発行するWebメディア「情シスレスキュー隊」のメールマガジンを購読している、自社のITシステム運用に関与する人を対象に実施し、554人から有効回答を得た。

前回調査で1位だった「テレワーク対策」が6位に

 情シスが今後注力すべきだと考えている(もしくは現在取り組んでいる)活動について聞くと「コア業務への転換、専念」と回答した人の割合が41.2%(複数回答、以下同)で最も高かった。次いで、「端末管理の強化」が36.6%、「IT人材不足対策」が36.5%、「クラウド接続時のセキュリティ対策」が35.9%、「エンドポイントのセキュリティ強化」が33.0%だった。

画像 情シスが今後注力すべきだと考えている活動(提供:ソフトクリエイト

 なお、前回(2020年度)の調査で最も回答率が高かった「テレワーク対策」(46.6%)は、今回(2021年度)の調査では32.9%で6位となっており、ソフトクリエイトは「COVID-19対策として進んだテレワークへの取り組みは一段落したようだ」と分析している。

 DX(デジタルトランスフォーメーション)については59.9%の情シスが何かしらの形で参加している。「DX推進チームで大きな役割を担っている」と回答した人の割合が16.6%、「DX推進チームの一員として関与している」が21.8%、「経営・企画が主導し、必要に応じて参加している」が21.5%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。